chika tanikawa

2021.8.25

絵本『てがでかこちゃん』

d1 d2 d3 d4

絵本『てがでかこちゃん』が発売されました。
作は作家の白石一文さん。私は絵を担当しました。

左手だけがとても大きな主人公・でかこちゃん。
何気ない日常の中にたくさんの愛情を感じる物語です。

でかこちゃんの明るさと元気な姿に私自身も励まされながら、
初めて絵本の制作はとても貴重な経験となりました。
ぜひ手に取ってもらえると嬉しいです。

編集は岩崎書店の堀内日出登巳さん、ブックデザインは中嶋香織さんです。

———————

『てがでかこちゃん』

白石一文・作
谷川千佳・絵

保育園で手がでかいのはでかこちゃんだけ。でも、手がでかくて良かったことたくさんあるよ!
「みんなとちがってあたりまえ」を元気に描く、直木賞作家・白石一文の意欲作。

ISBN 9784265081752
1,400円+税

(岩崎書店WEBより)
https://www.iwasakishoten.co.jp/book/b585820.html

2021.8.30

赤川次郎「僕らの課外授業」装画

b_1000 bokura_k_web1000_72


赤川次郎さん著「僕らの課外授業」 (徳間文庫)の装画を担当しました。


カバーデザインは三瓶可南子さんです。


1984年に初版が刊行された作品の新装版です。


登場人物のいきいきとしたやりとりが楽しく、スピード感のある作品です。


母の影響で赤川次郎さんの本は10代の頃何冊か手に取ったことがありました。


その時のことを思い出すと感慨深い!です。ありがたいご縁に感謝です。


徳間書店 赤川次郎 著 「僕らの課外授業」

2021.8.30

こまつあやこ連載小説「2×46」最終回

246_n

昨年12月から毎日小学生新聞と毎日新聞大阪版に掲載されていた、

こまつあやこさんの連載小説「2×46」が最終回を迎えました。

絵を描くことが好きな主人公・小春に思いを重ねながら挿絵を描いた全70回でした。

この物語と出会えたことはかけがえのない経験になりました。

連載が最終回を迎えてとても寂しいですが、挿絵を担当することができてとても幸せです。

周囲の人たちとの関わりの中で成長していく小春たちの姿に励まされた約3ヶ月でした。

ありがとうございました!
 

2021.8.3

tagboatに作品が追加されました

miniaturegarden

タグボートに作品が追加されました。

https://ec.tagboat.com/eccube_jp/html/products/list.php…

miniature garden
2021
25.7×36.4cm
acrylic on canvas

こどもの頃に感じた「恐れ」や「遊び」をテーマにした作品のひとつ。
ドールハウスの中で遊ぶ人物の周りには、大小入り混ざった街の風景とともに
ミニチュアやおもちゃが配置されています。

12

painting