chika tanikawa

2018.4.24

個展「to/しさくするキマイラ」

chimera_dm_ao chimera_dm_ura

谷川千佳 個展
「to/しさくするキマイラ」

2018年5月11日(金)~5月20日(日)

平日/13:00~20:00
土日/13:00~19:00
休廊日:水・木
最終日のみ17時まで
入場無料

●オープニングパーティ
5月11日(金) 18:00~20:00

●アーティスト・トーク
5月20日(日)17:30~19:00
定員25名 参加費500円
電話(03-5952-0114)またはメール(popotame@kiwi.ne.jp)でご予約ください。

@ ブックギャラリーポポタム
171-0021 東京都豊島区西池袋2-15-17
tel 03-5952-0114
popotame.net

第13回新池袋モンパルナス西口まちかど回遊美術館関連企画

——–

大阪を拠点として作品を発表してきた約10年間を振り返る展覧会
【「to」 Chika Tanikawa 2008-2017】を今年の2月に大阪にて開催しました。
本展【to/しさくするキマイラ】では、
「to」で展示した2008~2017年のアーカイブ作品に加え、
新たな表現に挑戦する“思索”と“試作”の最新作を展示します。

大阪(アトリエ三月)での展示風景はこちら
http://chikatanikawa.com/180222-2/

今回ご縁をいただき、東京でも2008~2017年の作品を展示させていただけることになりました。
2018年の最新作も合わせて、ぜひこの機会にご覧いただけますと幸いです。

「to/しさくするキマイラ」のタイトルロゴ・フライヤーは
前回に引き続き、高倉大輔さんにデザインしていただきました。

2018.4.9

田畑暁生「あの頃、バブル」装画

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大学時代の恩師である田畑暁生先生の短編集「あの頃、バブル」
の装画を担当させていただきました。

バブル期に書かれた短編を収めた書籍ということで、
バブル期を学生として駆け抜けた女の子をモチーフに。
そしてミラーボールのミラーひとつひとつが、
様々な物語の窓になるようなイメージで描きました。


『あの頃、バブル』(鳥影社)
https://www.choeisha.com/pub/books/56667.html

田畑先生、小説出版おめでとうございます!

Amazonでも販売が開始されました。
https://amzn.to/2qi1Ks

2018.3.15

文庫版「奇縁七景」装画

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

w3

乾ルカさんの『奇縁七景』文庫版(光文社文庫)が発売されました。
単行本に引き続き装画を担当しました。
七つの“ことば”から生まれた、読み味の異なる七つの物語からなる短編集です。

カバーと帯で2枚重なるようなデザインの単行本に引き続き、
文庫版でも装画を使用して新たに素敵な装幀に仕上げてくださったのは、
welle designの坂野公一さんです。

■光文社 https://www.kobunsha.com/
■welle design http://www.welle.jp/

2018.2.26

[ to ] Chika Tanikawa 2008-2017 期間限定オンラインショップ

web2

DSC05911 DSC05928

先日終了したアトリエ三月での展示「to」2008-2017ですが、
期間限定の[to]特設オンラインショップは1ヶ月間引き続きご利用いただけます。
2F insideに展示されたドローイング作品も追加されました!
ぜひご覧ください◎

https://10tanikawa.official.ec/

2018.2.23

[ to ] Chika Tanikawa 2008-2017 会期終了しました

5 13 1 2 19 16 18 6 7 8 9 DSC05923 4 11 12 3 21 22

 

[ to ] Chika Tanikawa 2008-2017 @アトリエ三月 会場の展示風景です。

1Fは10年間を振り返る“history archive”68作品の展示。
入口からぐるっと、年代順に作品を楽しんでいただく構成に。
2F“inside”は作品の根源・内側&“脳内”をイメージ。
ドローイングや制作メモなどもりだくさんの空間で、
約200作品(+ファイル&日々追加&変化)の展示でした。

過去最大の物量!そして、自分の中でもひとつの節目となる展覧会。
自分自身楽しみでもあり、怖さもあったのですが、たくさんの方にお越しいただけて本当にやってよかった!と感じています。
約10年来の友人作家である原康浩さん( www.y-harahara.net )が運営するアトリエ三月( www.sangatsu.net )という場のおかげで開催できた企画でした。
展示から、10日間の在廊期間(そして終わらない搬出…)本当にお世話になりました!!

全日在廊して皆様にお会いできたこと、とても嬉しかったです。
見に来てくださる方々と一緒に作り上げた10日間だったと実感しています。
とてもとても充実して楽しい会期でした。
遠方からのメッセージや応援もとても励みになりました。
本当にありがとうございました!

[ to ] Chika Tanikawa 2008-2017のフライヤー&展示ロゴのデザインをお願いした
高倉大輔さん(www.casane.jp)には、
展示コンセプト・展示計画から、会場のデザインにもご協力いただきました。
写真・演劇・デザインの要素を通した場作りの感覚、とっても勉強になりました。
今回の展示風景写真も、高倉さんに撮影していただいたものです。

—————-

次回展示は東京での新作展を予定しています。
引き続きよろしくお願いいたします!

painting